フィンペシアを個人輸入するのなら

フィンペシアの初期脱毛

MENU

フィンペシアを個人輸入するのなら

AGA(男性型脱毛症)に悩む男性は全年代を通して大勢います。
AGAの特徴は、年代に関係なく発症するということです。
加齢による薄毛と違い進行も早く、もしかしたらAGAなのではないかと思ったならできるだけ早めに対処しなければなりません。
AGAにもっとも効果があるとされている成分がフィナステリドです。
日本では、病院などで処方箋を書いてもらわないと手に入れることができないプロペシアだけが、フィナステリドが配合された医薬品になります。
ですが、このプロペシアは保険が適用されません。
しかも、先発薬であるため、かなりの費用をかけなければAGA治療ができないのです。
そこで、プロペシアと同じフィンペシアが配合されている、ジェネリックのフィンペシアを個人輸入する方が増えているのです。
プロペシアなら1錠250円程度であるものが、1錠26円程度で買えるのですから、AGA治療をしたい方が、プロペシアより安いジェネリックを選ぶのは無理のないことです。

 

上記の価格で1年間使用した場合、プロペシアが91,250円の費用がかかるのに対して9,490円なのですから、その差はあまりにも大きいものがあります。
上記のように、個人輸入を賢く利用することによってフィンペシアを手に入れることができれば、気軽にAGA治療をすることができるでしょう。
フィンペシアを個人輸入するとしたら、代行サービスを利用するという方法があります。
ただ、インターネットで検索してみると、個人輸入代行業者の数が多く、いったいどこに依頼すればいいのか迷うところでしょう。

 

個人輸入代行業者のなかには、安く販売しているけれど、あまり信頼できないようなところもあり、もしかしたら偽物なのではないかと訝しく思えるところもあります。
もし、個人輸入代行業者を利用するのであれば、信頼できる業者を利用することをおすすめします。
くすりエクスプレスは、個人輸入代行業者の中でも、特に信頼度の高い個人輸入代行業者です。

 

すでに10万人以上方が利用していることからも、どれほど信頼されているかがわかるでしょう。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックですが、インドの製薬メーカーのシプラ社が製造販売しています。
プロペシアの特許期間はまだあるはずなのに、なぜジェネリックがあるのかと思われるかもしれません。
それは、インドの特許に関する考え方が欧米とは違うため、インドではジェネリック医薬品が多く製造されているため、そのジェネリック医薬品の一つとして作られているのです。
プロペシアと同じフィナステリドが含まれているため、プロペシアと同じ効果が期待できます。
効果効能が同じであるのですから、プロペシアで改善が見られなかった場合は同じく効果は期待できません。
プロペシアで効果を実感できた方が、費用のことを考えて乗り換えるというのであれば、十分その効果を発揮してくれるでしょう。
今まで、AGA治療を続けるのが難しかった方も、これならAGA治療を続けることができるはずです。